2011年2月アーカイブ

アラブの独裁国家が次々と転覆していますね。 
リビアがそうです 40年も独裁が続いていたそうですから19世紀が残っていたのですね
そこの国民はたまらないでしょうね 人間は生まれる国を選べないのですから、日本に生まれて良かったと思います。
アルジェリアに端を発して、不満が鬱積していた30年のエジプト、バーレーンなんかもどうなるかわかりません。
このあとどういう政権ができるか心配です。あまりも長く独裁が続いたため<野党>が育っていないのです。
日本も野党が育っていなかったのだと感じます。 イギリス、アメリカは政権が変わっても運営能力がありますさすがは歴史が長いですね。

春の日の散歩

user-pic
0
春の元気な日差しに誘われて、散歩に出かけました。 
田んぼの細いあぜ道を行くと、野球場の裏に出ます。 そこからこんもりした林の中を抜けると、仮設のゲートボール場にでます。
市の土地の中に近所の人達が勝手に作ったようで、不要になった事務机や椅子が置いてあります。
時々10人くらいの老人達が、楽しそうにゲートボールをしています。 私が年取ってもあれだけはしたくないなと思って通り過ぎます。 
そうするとラグビー場が現れます ある時は卒業した高校が対外試合をしていました。
高校の徽章を染め抜いた旗を立てていたので分りました。 あんな若いときがあったのだと、しばし足を止めて眺めました。
車にカーナビが付いていないので常々、欲しいと思っていると新聞広告で<ついに2万を切ったカーナビ>と見出しがありました。
えッと思って広告を見ると19800円と書いてあります。 これじゃ1万円台とは言えないでしょ と一遍で見るのを止めました。
でも通販で2万くらいでうるのだから、実際カーショップではもっと安いのだろうと行って見ました。
とは言っても 中古品店です。 ダッシュボードに置くタイプが欲しかったのですが、手にも持てるポータブルタイプがありました。
シガーライターに差し込む型で1万でした。 これを今度給料が出たら買うつもりです。
夕食のおかずに「桃屋のニンニク味噌」 と「フキ味噌」を買ってきました。 どちらもメインのおかずではありませんが、ご飯を美味しくいろどるものとして大切です。
桃屋のニンニク味噌は2ミリくらいに微塵切りしたにんにくが味噌の中に入っています。
味噌だけに見えますが、箸先にチョッと味噌をつけるとニンニクが着いてきます。 すこし辛子も入っているようです
コレは美味で我が家ではご飯の友に大好評です。 フキ味噌はいわずと知れた、お茶ずけに最適です。
有名メーカーではありませんが、逆にだれでも作れる定番品です。 これで我が家の食卓は楽しくなる・・
新幹線のガードの下に「珈琲倶楽部」があります そこは駐車場も新幹線に下にあって、雨にも濡れず便利なのでお客でいっぱいです。
お客さんは午前中は<定年退職組> と<主婦>の連合で、混みあっています。 これからのビジネスは 団塊の世代を相手にするのが一つのやり方とおもいました。 平日の午前中にだれが珈琲を飲みに行くのでしょか  むかしは若者・学生がたむろしていたと聞きますが、今はその頃一生懸命働いた<お父さん達>が、暇をもて余しています。
このビジネスはしばらく続くでしょう
昨日の土曜日天気は悪かったのですが、運動の為公園の散歩に出かけました。たまにはラグビー場の方を回ろうと歩いて行くと
懐かしい旗がみえました。 私の卒業した高校のラグビー部が対外試合をしていました。 相手の高校の旗も張ってあります。
懐かしいのでしばらく足を止めて見ていました。 広いラグビー場は国体があったので、人工芝に変わっていました。
人工芝でも大丈夫なのだろうかと見ていると、水たまりも出来ていなくて便利なようです。 母校の活躍を祈ってまた歩き始めました
交通公園がありますが、日曜はゴーカートが走りますが平日は誰もいません。
そのアップダウンのコースを歩いて1周してきました。

なんでも鑑定団

user-pic
0
今日は土曜日です 私の地方では「何でも鑑定団」が放送されています。  そのなかで「ビートルズ」の来日コンサートの
チケットのポール・マッカートニーのサイン入りが出品された。
120万と期待して出したものがそうでなく、サインが偽物でした。 この意外性が面白いのです このチケットの元の所有者が
叔父さんでビートルズのファン倶楽部の会長だったので、チケットの本物を信じていました。
この意外性は「なんでも鑑定団」が面白いところです。

納豆巻きはダメ

user-pic
0
納豆巻き、きゅうり、鉄火、この三種類を1本50だったので買ってきました。 あっさりしたものが食べたかったので寿司にしたのです
後は家で何かを作るでしょう。 ただ病院の薬をもらうとき、納豆はだめとか言ったような気がしたので、帰って薬の説明を読むと
書いてありました。  納豆、クロレラ、青汁、ビタミンKを含むサプリメントはとらないで下さいと書いてありました。
こんな薬もあるんだと初めて知りました。
病院の注意には従って、残念だけど納豆巻きは食べるのをあきらめました。
「阪急電車」という小説を読み終わりました 阪急今津線という宝塚と西宮北口を結んで15分で走るミニ路線です。
関西の方には馴染みでしょうが、我々の地方では全くわかりません。 これも帯で知ったのですが、これが映画化されて4月下旬
からゴールデンウイークに上映されるそうです。
中谷美紀、戸田恵梨香、宮本信子などが出演で、阪急の駅で臨時列車を6回も走らせエキストラ3000人も使ったそうです。
小説の粗筋はたった15分の道筋の駅で起きる様々な人間模様を、宝塚というしゃれた沿線の雰囲気をからませて描いていきます。
宝塚ー宝塚南口ー逆瀬川ー小林ー仁川ー甲東園ー門戸厄神ー西宮北口 これだけの駅で乗降する客の動向を書いてます
大学生の恋愛、振られたOL、中年のオバサン、など一気に読ませてくれます。 映画か完成した見にいきます。
ユニクロの新入社員の8割が外国人だそうです。 今年度1300人のうち1050人が外国人でそのうち日本国内にも外国人が配置
されるそうで、欧州、中国、その他の地域で現地の大学で募集を掛けるそうです。
ユニクロは社内の公用語が英語になったそうで、これからの社員は英語で物を考えて、そしてしゃべらないといけないのですね。
わたしにはとても別世界ですが、現実にそんな日本人社員が大量に出来ていくのですねえ。
仮にユニクロを辞めても、英語力は自分の身に付くので役立ちそうです。
これからは社内で公用語が英語で喋るようになる会社が増えるかもしれませんね。一方日本では英語を喋る必要は無いと
言っているHONDAもあります。
我が家のおじいちゃんはわがままです。 週一回自分の決まった食べ物を買いに行くんです。 もちろん92歳で車の運転は出来ないから誰かが乗せていきます。
何が欲しいかと言うと、まず美味しい魚、鳥のもつ、ブロッコリー、甘い駄菓子、午後の紅茶、などです。
今日も何か自分の食料が無くなったので、チャンとコートを着て「つれてって下さい」を直ぐそばの椅子に座ります。
まあ 寝たきりになるよりマシですし 連れて出かける事にしました。
スーパーに着くと自分でカートを押して好きな物を買いに行きます。
さすがに92歳らしき人はいません 
きっと同年代の方は外出などせずに家にいるのでしょう。
友人が亡くなってしまったという話も良く聞きますし。

その点うちの爺ちゃんは違います。
まだまだ眼鏡をかけず新聞を読みます。

このアーカイブについて

このページには、2011年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年1月です。

次のアーカイブは2011年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。